オートバイ用品専門店 2りんかん

オートバイ用品専門店 2りんかん 公式アプリ
オートバイ用品専門店 2りんかん 公式アプリ

マフラー交換は2りんかんに
お任せ下さい!

2りんかんでは【販売・取付】を行う全てのマフラーを、法規制に適合した【政府認証マフラー】を推奨しています。
公道にて安心・安全に使用出来るマフラーで、あなたのバイクライフをサポート致します。

バイク用品専門店2りんかん
2りんかん一番人気のブランド!
精工な作りで、コストパフォーマンス抜群です!!
バイク用品専門店2りんかん
伝統のモリワキマフラー!
高品質な製品を適正な価格で提供しています。
バイク用品専門店2りんかん
Kawasakiワークスも採用!
職人のワザを市販モデルにも提供しています。
バイク用品専門店2りんかん
ヨシムラスピリッツを愛車にも
レース活動で培われたノウハウを惜しみなく導入!
バイク用品専門店2りんかん
拘りの解る 大人のライダーへ
妥協を許さない物づくり仕上がり最高です
バイク用品専門店2りんかん
HONDAワークスにも提供!
ホンダ車ならぜひ入れたい一本です!!
バイク用品専門店2りんかん
リアル・レーシング・スペックに拘った最高の物を。
8耐でも活躍する自信作!
バイク用品専門店2りんかん
高い性能と格好良さに拘る!
車種ごとに格好良く、高性能なマフラーを!
バイク用品専門店2りんかん
情熱を込めた至高の一本!
比類なき性能を体感する【SpecA】マフラー
バイク用品専門店2りんかん
BIGバイクカスタムにはKファク
3Dベンダーによる精工な作りで仕上がりも綺麗
バイク用品専門店2りんかん
最高の気持ちイー!を体感できる
どんな道でもトルクフルに加速するマフラー
バイク用品専門店2りんかん
世界最高峰のエグゾーストシステム
公道でも使用できる政府認証マフラーあります!
バイク用品専門店2りんかん
楽しく、カッコ良く、そして安全に!
オリジナルフレームを作る技術をマフラーにも
バイク用品専門店2りんかん
4mini、二種ならやっぱり【武川】
数多くの車種をリリース!カブ系も人気!

工賃

取付作業も2りんかんにお任せ!

マフラー交換工賃

スリップオン
2,750円(税込)
シングル、スクーター
3,850円(税込)
2気筒以上
9,350円(税込)
特殊(V型、センター出し)
19,250円(税込)
  • カウル脱着・加工等は別途
  • 他店購入品は、料金が異なります。
  • 中古品等、取付が出来ない場合が御座います
    詳しくは、店頭にてご相談下さい。

法律を正しく守り、アフターパーツマフラー楽しみましょう

2りんかんJMCAに加盟し、生産するすべてのマフラーは法規制に適合した政府認証マフラーです。正常に取り付けた状態であれば、車検が取得出来て合法的に公道走行が可能です。アフターパーツマフラーの政府認証は、車種ごとに取得するものなので、適合しない車種に取り付けた場合は違法となり、車検の取得や公道走行が行えません。マフラーの規制には、大きく分けて騒音規制と排出ガス規制の二つがあります。規制の内容を理解し、安心、安全にアフターパーツマフラーの世界を楽しんでください。

1.生産された年式によって、適用される騒音規制は異なります

マフラーの排気音は、法律によって音量の上限が定められています。基準は二つ、停止状態での音量を計測する近接排気騒音と、走行時の音量を計測する加速騒音です。車両の生産された時期と型式によって、適用される数値が変わります。

1-1 近接排気騒音

平成13年騒音規制:規制値94dB

【新型車】
平成13年(2001年)10月1日以降に新型車として販売された車両。
【継続生産車】
平成15年(2003年)9月1日までに発売済みの車両で、期日以降も継続して販売されている車両。
【逆車・輸入車】
平成15年(2003年)9月1日以降に販売された車両。
但し、生産日は記載されていないこともあるので「平成13年騒音規制車」の文言が判断材料になります。

1-2 加速騒音

2.年式や型式によって、適用される排ガス規制は異なります

排ガス規制は、生産された年式や型式によって、適用される規制が異なります。輸入車と逆輸入車については、通関した時期によって適応する規制が変わります。現在の排ガス規制は、平成11年規制、平成19年規制の2つに分けられます。どちらかの規制に適合する車両で、新車出荷時にノーマルマフラー内に触媒機能を持つ機種用のマフラーは「排ガス検査成績表」が添付されています。車検時には排ガス検査成績表が必要となりますので、大切に保管してください。紛失した場合は、有料での再発行を行っています。各規制の内容は、次の通りです。

平成11年規制

【新型車】
平成11年(1999年)10月1日以降に新型車として生産された車両。
【継続生産車・輸入車】
平成12年(2000年)9月1日まで生産されていた車両で、期日以降に継続生産された車両。

平成19年規制

【新型車】
平成19年(2007年)10月1日以降に新型車として生産された車両。
【継続生産車・輸入車】
平成20年(2008年)9月1日まで生産されていた車両で、期日以降に継続生産、もしくは通関された車両。

例外となる機種

’03~’07CB1300SF/SBやGSX1400はノーマルマフラーに触媒機能を持たない機種です。従って平成11年規制の対象になりますが排ガス検査成績表は必要ありません。

3.自分のバイクに、どの規制が適用されるかは車検証で確認

所有する車両に、どの規制が適用されるかは、車検証で確認できます。型式と備考欄で、必要な事項は読み取れます。下記の記載例は、同じCB1300SF(SC54型)ですが、年式違いで型式と適用される規制が異なる事例です。参考にしてください。

3-1 車検証記載例1 ホンダ CB1300SF(SC54) ~’07年モデル

3-2 車検証記載例2 ホンダ CB1300SF(SC54) ’08~’13年モデル

ご不明な点がございましたら、2りんかんスタッフまでお問い合わせ下さい。

  • ファミリーロッジ旅籠屋
  • モトブリッヂ
  • バイクの代車
  • SRTT
  • YellowHat
  • バイク館SOX