BRAKE PAD

BRAKE PAD

ブレーキパッド交換

作業工賃 1キャリパー 2,200[税込] 作業時間(約) 30分〜

※車種により工程および工賃が変わる場合がございます、詳細は店頭にてお問い合わせください
※上記の価格は工賃のみの価格です

ブレーキパッドとは?

ブレーキパッド

ブレーキパッドは、ディスクブレーキに使用されるパーツ。ディスクブレーキはキャリパーに装着されたブレーキパッドがブレーキローター(ホイールに取り付けられた板)を挟み、その摩擦によってバイクを止めるシステムになっています。使用していけば摩耗するので、交換が必要です。一番交換率の高いブレーキ系パーツと言えます。また、ブレーキの故障は事故に直結するので、法律上も「重要保安部品」に指定されています。交換にもしっかりとした整備とチェックが重要です。

メンテナンス作業のこだわりポイントをご紹介

1. 保護フィルムを要所へ使用

保護フィルムをホイールに貼り付け
保護フィルムをタンクに貼り付け
作業を始める前に、作業パーツ周辺の危険ポイントへ保護フィルムを巻きます。万一パーツや工具がぶつかったり、ブレーキフルードを垂らして塗装面を傷めることがないようにしています。

2. 作業箇所数それぞれのトレーを用意

左右にそれぞれトレーを用意
両側にキャリパーがある場合、左右にそれぞれトレーを用意します。左右のパーツが混在しないように注意をし、各々がどういう状態にあったかを常にチェックできるようにしています。

3. マスターシリンダーリザーバータンクに濡れた紙ウエスを巻く

マスターシリンダーリザーバータンクに濡れた紙ウエスを巻く
ディスクブレーキに使用されるブレーキフルードは塗装を傷めてしまうので危険です。パッドを交換する時は、キャリパーのピストンを戻すので、この時にブレーキフルードが溢れてしまう危険があります。もちろんブレーキフルードの量を確認してから作業を行いますが、万一溢れてしまったときを想定して紙ウエスを巻きます。ブレーキフルードは水になじみ易いので、しっかりと止める為に濡らした使い捨て紙ウエスを使用します。

4. 作業途中のキャリパーをしっかりと管理

作業途中のキャリパー
保護袋に入れたキャリパー
パッド交換の途中では、キャリパーに触らない時間に傷つかないように保護袋(2枚目の写真の緑線部分)に入れて保管します。また、キャリパーをブレーキホースで吊るしてしまうと、力がかかってしまい、ホースやホースのつなぎ目を傷めてしまう事もあります。ですから袋のヒモを車体にかけて、ブレーキホースホースに力がかからないようにしておきます。

5. キャリパーを専用ツールを用いてクリーニング

キャリパーの内部
ブラシで入念に清掃
キャリパーピストンツールでピストンを引き出す
パッド装着前にキャリパーのピストンを戻しますが、その前にピストンを専用のキャリパーピストンツールで少し引き出し、回転させながら入念に清掃しブレーキダスト落としていきます。また使用するブレーキクリーナーについては、シールへの攻撃性が無い物を使用します。

6. ピストンに専用潤滑剤を吹き付ける

キャリパーのピストンをグリスアップ
ピストンを戻す前に、専用潤滑剤を吹き付けておきます。パッドを押すピストンの動きを良くし、効きとコントロール性を回復・維持する為です。油分がパッドの摩擦面に付着すると性能を失う事になるので、専用潤滑剤を使用します。

7. パッドピン等パーツクリーニング

パッドピンの汚れを拭き取る
キャリパーのパーツをクリーニング
キャリパー本体だけでなく、パッドピンや他のパーツも清掃します。パッドピンはパッドの動きをガイドする物なので、ダストが溜まっていたり、段差が付いてしまうとパッドの動きを悪くし、本来の効きやコントロール性を失ってしまうからです。

8. 新品パッドの面取り

新品パッドをヤスリで面取り
新品パッドの角を削る(面取り)事で、ブレーキの鳴きや引きずりを軽減します。この場合もパッドとローターが擦れる事でブレーキは性能を発揮するので、削る量を極力少なくし、ローターと当たる面を多くするようにしています。

9. パッドグリス使用で鳴き止め効果UP

パッドの裏面にパッドグリスを塗る
パッドの裏面にパッドグリスを塗る事で、ブレーキの鳴きを軽減します。ブレーキの効きには差が出ませんが、より安心して快適なライディングを実現する為に、しっかりと行います。

10. ダイヤフラムのクリーニング

ダイヤフラムを水で洗浄
ダイヤフラムをエアーで乾燥
ブレーキフルードが通るホースや穴を詰まらせない為に、ブレーキマスターのダイヤフラムを水で洗浄してしっかりとゴミやホコリを落とします。また、ブレーキフルードは水分を含みやすく、水分を含むと高温になった時にブレーキが効かなくなる「べーパーロック現象」を起こす原因になるので、しっかりとエアーで乾燥させます。

11. トルクレンチとマーカーでトルク管理

作業前にボルトをマーキング
トルクレンチでボルトを締める
トルクレンチによる管理が基本ですが、作業前にボルトにマークをさせていただき、作業前のトルク管理もしっかりと把握します。最終的にマークは消させていただきます。最後にブレーキレバーを握ってブレーキパッドを押し出します。これを忘れて走り出すのは非常に危険です。

作業終了

こだわりのメンテナンスはいかがでしたでしょうか。2りんかんではお客様の安全と安心を第一に考えメンテナンスをさせて頂いております。愛車のメンテナンスをご希望の方は最寄の2りんかん各店にて承っております。ぜひお気軽にご来店ください。

作業実施店舗を探す
続けて「ブレーキシュー交換」ページを見る